前のめりSE投資家の勉強ノート

将来の資産形成を目的として、株式や債券など様々な金融商品への投資をやっています。充分な利益を目指し、日々勉強しています。

【企業分析】CAICA(2315) [2021年10月期2Q]

1.はじめに

今回はCAICAの2Q決算が発表されたので見ていこうと思います。

2.事業概要

CAICAは金融機関向けのシステム開発を行う「ITサービス事業」と、金融商品開発を行う「金融サービス事業」を展開しています。暗号資産販売所Zaifを有するカイカエクスチェンジホールディングス(旧Zaif Holdings)を完全子会社としています。

3.業績分析

さっそく2Q決算を確認しましょう。

2Q連結 2020年10月期 2021年10月期 通期会社予想
売上高 3,139 2,675 6,940
(前期比) -19.70% -14.80% -
営業利益 -519 -243 127
経常利益 -618 -237 123

売上高はHRテクノロジー事業をクシムに売却した影響で大幅に減少しています。HRテクノロジー事業の前年同期の売上高は約842百万円、営業利益は約18百万円の赤字であり、売上高が減る代わりに赤字が消えた形になります。

通期の売上高に対する進捗率は38.5(%)で半期で半分にも届かず、上方修正前の売上高(約65億円)で計算しても40.9(%)とかなり厳しい状況です。前年同期比で営業赤字は縮小しているものの、売上高も一緒に減少しているため、厳しい状況に変わりはありません。

また、四半期単体で見ると、1Qの営業赤字は1.2億円、2Qの営業赤字は1.1億円とほぼ同額です。直近は赤字縮小していないので、黒字化はまだまだ遠いと見るべきだと思います。

当期純利益は黒字になっていますが、これはZaif Holdingsを子会社化したことによる資産額更新*1であり、実際の利益は発生していないことに注意が必要です。

4.財務分析

ZaifHDを買収することで財務がどのように変化したのか。貸借対照表から気になるポイントを確認してみましょう。

  • 負債・純資産の部
    • 預り金が179億円増加。
    • 預り暗号資産が987億円増加。
  • 資産の部
    • 預託金が176億円増加。
    • 自己保有暗号資産が1.8億円増加。
    • 利用者暗号資産が986億円増加。
    • のれんが58億円増加。
    • 投資有価証券が44億円減少。

ZaifHDを完全子会社化したことで、金融機関と同様に顧客の預かり資産が貸借対照表に計上されるようになりました。これにより、自己資本比率が81.8(%)から7.3(%)に変化して悪化したように見えますが、これは見た目上だけの話です。顧客の預かり資産を分けて100(%)積み上げ縦棒グラフにすると、大半が預かり資産であることが一目でわかります。

f:id:mizuna_kaede:20210614210646p:plain

全体的に変化が大きすぎるため、今回は比率などを確認しません。前回時点で資金調達は済ませているので、あとはどうやって赤字から脱却するかというのが、本企業の目下の課題でしょう。資金の用途などの分析は過去記事で詳しく調べているので、そちらをご覧ください。*2

5.チャート分析

f:id:mizuna_kaede:20210614211529p:plain

一番最初の分析記事*3で懸念していた通り、2月の暴騰から一転延々と続落を続けています。最高値は880円(当時88円)だったようなので、ハンバーガーどころかクオーターバガーになっている人もいるかもしれません。

200円近辺で下落が止まったようにも見えますが、75日移動平均線はようやく下落トレンドにさしかかった状態です。決算前の出来高も特に膨らんでおらず、小型株にありがちな急騰もあまり期待できないのではないでしょうか。

6.まとめ

短期投資でも長期投資でも手を出さない方が無難という意見は、今回分析しても変わりませんでした。半期経過してZaifHDの業績が計上されても2Q単体はいまだ赤字だということは、業績面でのまともな株価上昇を期待するのは難しいと考えた方が良さそうです。

PER937倍は分析のあてにならないにしても、PBRは1.51倍と赤字継続を意識するならまだまだ割高水準です。もともと15~20円(現150~200円)だったことを考えると、まだまだ下落余地はあると思います。

7.おわりに

CAICAの企業分析記事を掲載して、もう3か月経過したと思うと月日が経過するのは早いものですね。CAICAにオンキヨーイメージワンにと小型株が急騰してしぼんで行く様を見て来ました。ここの記事を読んでる方が少しでもそのような仕手株を避け、業績に目を向けるようになってくれたら私は嬉しいです。

本記事は本銘柄の売買を推奨するものではありません。売買を止める意図もありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。