前のめりSE投資家の勉強ノート

将来の資産形成を目的として、株式や債券など様々な金融商品への投資をやっています。充分な利益を目指し、日々勉強しています。

ビットコインについて思うこと

1.はじめに

最近、ビットコインの価値がどんどん高騰し、ニュースでよく取り上げられる状況になりました。そこで、今回はビットコインについて、個人の感想を書こうと思います。

2.金の価値について

ビットコインを説明する準備として、まずは金(ゴールド)について簡単に情報共有しましょう。金は市場で売買されている商品で、需給に応じて価格が変化します。この金は商業利用される以外に、資産防衛の目的でも購入されます。

それは何故か?金は希少な金属であり採掘量が限定的です。一方で貨幣は中央銀行が自由に市中に供給できます。商品でも貨幣でも総量が多いほど、その価値は希薄化します。貨幣の発行量が多くなると、相対的に金の価値が上昇するので、インフレや株式市場のショックへの資産防衛*1として効果的であるということです。

2.ビットコインの価値について

ビットコインの話に戻りましょう。ビットコインの値段が上下するのは何故か。先ほどの話に従えば、ビットコインの発行量よりも円やドルなどの貨幣の発行量の方が多く、相対的にビットコインの価値が上昇しているからと言えます。さらに、ビットコインは発行総量*2が決められており、そうなると到達後は価値が希薄化することも無くなることになります。

技術的な話や将来性など、価格を決定する要素は様々あるかもしれませんが、根本は貨幣に対する相対価値が本質価値ではないでしょうか。

3.ビットコインの現在価格について

ビットコインはコロナショック後の春から夏にかけて100万円でしたが、直近の高値は400万円まで上昇してきました。

f:id:mizuna_kaede:20210118202813p:plain

となると、円の価値は4分の1になったのでしょうか。そんなことはありません。金の価格と比較するとわかります。※田中貴金属のサイト*3を参照

f:id:mizuna_kaede:20210118203643p:plain

過去1年間の最安値と最高値を比較しても、1.3倍程度の価格上昇しかしていません。さらに言えば、ビットコイン価格は7月頃から急騰している一方で、金価格は7月末頃から徐々に下落しており、価値の推移に相関がありません。

こうしたことから、今のビットコインは本来価値を逸脱したリスクの高い投機商品になってしまっていると、私は考えています。

4.おわりに

バブルと言えば私は株を真っ先に思い浮かべますし、他の人もきっと同じだと思います。しかし、過去にはチューリップでバブルになった歴史*4もあります。仮想通貨は株でも商品でもありませんが、価格の急騰は急落を招くかもしれません。英国の金融監督当局も仮想通貨のリスクを警告*5しています。

もちろん、ビットコインがこのまま上昇するかもしれませんし、一旦下落しても長期的には現在価格を上回るかもしれません。いずれにしても、充分に気を付けてお取引ください。